【今あらわす】かわなべ愛と平和の即興音楽会2022

更新日:11月5日


・2022年9月25日(日)10:30~12:00

・南九州市川辺町高田の石切り場にて

・参加者:約80名

・主催:かわなべ愛と平和の即興音楽会実行委員会

・協力:高田村づくり委員会・リバーバンク森の学校

・ゲストアーティスト:コンタクト・インプロビゼーショングループCIco

・VR収録:チンパンジースタジオ

・撮影:森田賢二郎

・ご支援:巻末記載


<<発案・コンペ落選>>


 南九州市川辺町の森の中に、眠るように静かにたたずむ高田の石切り場。かつて江戸時代から昭和にかけて石切り職人たちがココで石を切り出して生活の糧にしていたらしい。

 2020年の秋と翌2021年の春に仲間たちとココを訪れたとき、強烈なリズムインスピレーションを感じた。かつての石を削る威勢のいい槌の音、職人たちの息づかい、命がけの労働の合間の笑い声が聞こえた。そうだ、この場所は当時の地域の人々がその時の「今」をわかちあう場所だったんだ。

 この、独自の生命力を帯びユニークな歴史を持った場所(ユニークベニュー)で、ドラムサークルを核とした即興音楽会をひらき、「今」の人々の「今」をあらわし、「今」世界中で起きている困難な状況に対し「愛と平和」の祈りを捧げよう。その思いと、その場だけが持つ独自性を広く発信し、たくさんの人たちと共有したい。

 そこで浮上したのが、最新技術をつかった会場中央からのVR360°収録配信。

 ・石切場での集団参加型即興音楽会

 ・最新技術をつかったVR360°収録配信

 この二つの目玉で5月、鹿児島県令和4年度ユニークベニュー活用促進事業助成団体に応募したけど、まさかの落選で落胆。


 おわり?やめるの・・・・?

<<クラウドファンディングチャレンジ>>


 そのとき実行委員メンバーから「クラファンと協賛支援でやりましょう!」の一言。そこからこのプロジェクトは再燃。はじめてのクラウドファンディング実行は、企画の独自性からか全国から支援があつまり早々に目標額達成。地元企業や商店主、個人からの協賛も早々にあつまり、必要経費を上回る額になってもクラファン支援、ご協賛はあつまり、実行委員協議であつまった収益金は必要経費を除いた後、世界の愛と平和のために<<全額寄付>>することに。(寄付先はこれから検討)


<<順風満帆>ネガティブ>ポジティブチェンジ>>

 制作途中、国際的に活躍するコンタクト・インプロビゼーショングループCIcoさんのゲスト参加も決まり、すべてがうまく行き過ぎていた矢先。本番1週間前にゲストアーティストの一人でボイスパフォーマンス&ファシリテーション、そしてイベントコンテンツ演出担当のChu Mkinoさんが体調不良により当日の参加が困難に。

 しかし、それも「今」あるがままの全てを受け止め、みんなで前に進むファシリテーションのあり方からすると、ネガティブチェンジはポジティブチェンジへの兆し。実行委員メンバーと関係者全員の志氣があがり、強力なチームとなってイベント当日を迎えました。


<<イベント当日>>

 会場に着くと、地元高田村づくり委員会の皆さん手づくりの丸太イスのサークル(輪)に大感激!お天氣は、暑くもなく寒くもなく風も吹かず雨も心配なしの最高な野外イベント日和。そしてイメージした通りの約80名の参加者がぞくぞくと・・・・


 参加者の皆さんは、まず会場の異様な圧力におののき、即興演奏は二の次な感じ・・・そこから、徐々にタイコの音と水や風など自然の音との対話を感じさせながら石切場ドラムサークルへいざなうファシリテーターもりぶー。


 そして自然なフェードアウト、森の静寂の中から二人の妖精(コンタクトインプロダンスチームCIco)があらわれ、全員でゆらゆらぐにゃぐにゃボディムーブ。そんなゆるやかな自由身体表現のリズムからドラムビートが・・・。そこからショーケースされるタレントたち、三味線のリカ姐さんの和の調べにもりぶーが即興演歌で応え、フリージャズのちゃんサネさん(トランペット)とドラムのともきちくん、ウクレレ食堂オーケストラの皆さんにリンバ奏者のサカキマンゴーさんのチューブパフォーマンス。事前の打ち合わせなんかまったくしていないのにビシッと流れをつかみ、最適表現をするさすがのプロフェッショナルの技が、場の流れを大いに変化させながらすすみました。



 休憩後の後半は大地のハートビートからダンスが生まれ出で、メロディが奏でられる調和の世界、愛と平和のメタファーから感動の大団円。





 感謝感謝のエンディング。

 打上げ1次会はイベント終了後のランチパーティ@石切場


 2次会は天文館薩摩黒豚道場酔神で飲み放題+溶岩焼きコース

 さ、これからお世話になった皆様へのお礼と報告、そしてたぶん世界初の石切場即興音楽会VR動画音声の編集と配信とプロジェクトはまだまだつづきますが、とりあえずイベントが皆さんのおかげさ

まで安全安心のうちに無事成功したことを感謝申し上げます。

さて、これからお世話になった皆様へのご報告とお礼対応、そしてVR動画編集作業へとまだまだプロジェクトはつづきます。



<<心からの感謝の氣持ちを>>

 ・おあつまりいただいた参加者の皆さんへ

 ・ご協力いただいた「高田村づくり委員会」様「リバーバンク森の学校」様へ

 ・実行委員会の仲間たち(ちゅうちゃん、ともきち、きゃおりー、トゥール、みわ)へ  ・コンタクト・インプロビゼーショングループCIcoのお二人へ

 ・当日スタッフ(にしやん、くらちゃん、ちえちゃん)へ

 ・クラウドファンドご支援いただいた73名の皆様

 ・ご協賛社様(順不動)

森田 洋之様/学研ATID鴨池新町・宇宿みなみ教室様/甜瓜一品〜save the melon〜様/HM CAJON(エイチエムカホン)様/かごしま住生活商事様/七枝敏洋(広島市)様/合同会社ビートオブサクセス様/シナプス様/宗教法人 妙行寺様/一般社団法人メディカルリズム協会様/株式会社酒井建築事務所様/池松孝一郎税理士事務所様/個人N様/個人K様/きむきむ♪@広島様/bocchi 様/個人M様/法人J様/DX学校 鹿児島みらい校様/森の学校楠学園様/Chimpanzee Studio様/かわじ歯科クリニック様/鹿児島ドラム協会 KDK様/cue_culture_base様/ブランセラミカさつま 白もんベース様/個人H様/株式会社 山之内庭園様/株式会社 輝く羽様/高田村づくり委員会様/リバーバンク森の学校様/西元大作様


 ありがとうございました。

 このプロジェクトが皆さんの「愛と平和」への一歩となりますように。

 我々は微力でも無力ではない。

 その微力のつみかさねが未来をつくる。


2022/11/5追記 10月末にクラウドファンドから支援金の入金があり、未払い経費最終精算し、余剰金を全額世界の愛と平和のために寄付し、当プロジェクトは終了しました。 ♥愛の寄付「日本児童養護施設財団」へ 53,411円

♪平和の寄付「ユニセフ ウクライナ緊急募金」53,411円


筆者:当プロジェクトリーダー リズムコミュニケーター 森田孝一郎(もりぶー)


ドラムサークルファシリテーター、ドラム&リズム感コーチ、リズムdeワンチームビジネスコーチ、ニコリハリズムヘッドトレーナー、リズム講演セミナー講師、リズムイベントプロデューサー、ジャズドラマー


著作:「リズムdeスマイル(^^)/」「薩摩青春ジャズ帖 Keep Swingin'」「脳卒中の楽しみ方」 <<Amazonにて絶賛発売中

閲覧数:104回0件のコメント