top of page

【拡張】ニコリハリズムforキッズ@瀬々串小学校


・2023年6月20日(水)10:40~12:00

・鹿児島市立瀬々串小学校体育館にて

・参加者:全校生徒+先生方=約100名

・ファシリテーター:AYA・もりぶー・きゃおりー

・ご依頼:認定NPO法人かごしまアートネットワーク様

 

 普段シニア向けのリズム運動教室として隔月開催し2年近くになる作業療法士AYAとリズムコミュニケーターもりぶーのリズム健康コラボ(ニコリハリズム)。

 今回、はじめて学校向けのアウトリーチプログラムとしてアレンジし、対応させていただきました。



 もりぶーは、これまでワークショップファシリテーターのプロフェッショナルとして、17期約2,000件にのぼる現場をファシリテーションさせていただいてきましたが、学校現場で「健康」と「アート」を融合させるのは、はじめての機会。

 

 前半はAYAさんによる解説で、子どもの発達の基礎となる運動を、もりぶーのドラムのリズムに合わせて・・・ゆらーゆらー。。

 あら~不思議ぃ~笑  写真:子どもたちと同化するAYAさん・・・笑

 後半は、みんな楽器を持って、もりぶーリズムワールドへ・・・


 前半で身体の動きを引き出せていたので、楽器群を見た瞬間から音を出したい、表現したい、という行動欲求がみられたのと、前半でドラムの音を聴いて身体を動かすという、聴覚起点の身体転換ができていたので、短時間で音による一体感がつくれました。

  そして音とリズムをつかった集中と分散。

  聴いて、反応して、役割を認識して協調し合うことをすぐに理解し、あらわしてくれました。

 それらの成果が最後のリズムパレード。

 先生方も児童生徒たちと一緒に楽しんでいただいたことが、その成果、あのはじけた笑顔満開につながりました。

 このリズム運動体験を、日常のコミュニケーションリズムと、健康づくりリズムに活かして欲しいと思いました。


 写真:この笑顔!!!

 あと、学校教育現場において、今後の少子化、人口減少といった社会問題を考えた時、心身の健康と社会的(コミュニケーション)健康は必須かつ喫緊の課題。そこに「アート&エンターティンメント」を組み入れることで、楽しく美しい感性を磨きながら健康増進をはかることの有用性に氣づかされたプログラムとなりました。

 先生方の教員研修プログラムとしても有効と思いました。

 またお役に立てたら、と思います。

 ありがとうございました。



 「ニコリハリズム健康運動教室」は、2か月に一度、サンエールかごしまにおける自主開催だけでなく、学校、施設、イベントなど出張依頼も承ります。

 お問合せは、リズムハート森田まで。




筆者:リズムコミュニケーター 森田孝一郎(もりぶー)


ドラムサークルファシリテーター、ドラム&リズム感(幹)コーチ、リズムdeワンチームビジネスコーチ、ニコリハリズムヘッドトレーナー、リズム講演セミナー講師、リズムイベントプロデューサー、ジャズドラマー、エイトビート特訓


閲覧数:38回0件のコメント
bottom of page