ドラム講話「リズムでスマイル(^^)/」薩摩川内元気塾
・2013年2月20日(水)
・薩摩川内市立可愛(えの)小学校体育館にて

鹿児島大学法文学部政策学特殊講義

「リズムによる社会支配と自由表現による対話」
・2013年1月24日(木)
・鹿児島大学法文学部3号棟104講義室

やっぱり基本は生活のリズム

学校からご家庭、そして職場まで、人が集うあらゆる場所に、豊かなリズムを。

◆想定対象者
 ・小学生~大学生
 ・一般社会人
 ・職場のコミュニケーションを円滑にしたいリーダー、管理職
 ・笑顔あふれる職場にしたいリーダー、管理職
 ・職場の問題解決方法としてのファシリテーションに興味のあるリーダー、管理職

◆対象者の現状・課題
 ・いじめ
 ・登校拒否
 ・ことばや文字によるコミュニケーションの限界
 ・新しい職場環境における短時間でのチームビルディング 
  -新入社員
  -新規プロジェクト
 ・一体感のあるチームづくりとそのコストダウン
 ・職場のストレス管理とメンタルヘルスケア

◆提供する価値・伝えたい事
 ・リズムコミュニケーション体験
 ・宇宙の周期、暦、時間など全てを支配しているリズム
 ・あらゆる作業を効率化させるリズムの価値
 ・息を合わせることの意義
 ・リズムによる個人の自立と組織の自立
 ・リズムの一体感の中で感じる感謝と相互尊重

◆内容
 

 1.受講者全員にカンタンな小物打楽器を配布
  (約200人分まで可能、不足する場合、ペットボトルなど身近にあるもの、手や足など身体の一部を楽器として使用) 


 2.リズムコミュニケーション体験フリーセッション1
  講師はことばをつかわず、受講者全員にボディランゲージで楽器による発音を促す。
  喧騒、バラバラ、困惑、不安、など混沌たる無秩序状態(組織が抱える問題のメタファー)が、リズムにより統制のとれた集団(問題解決にまい進する組織のメタファー)へと変化していく様子を体感。

 

 3.上記2.の変化をもたらした要因
  3.1 コンタクト(全体>個別)
  3.2 同調化(エントレインメント)
  3.3 リズム感が無い人はいない
  3.4 視覚、触覚、聴覚の3感覚で右脳に刺激

 

 4.上記2.3.による受講生の変化状況を踏まえたリズムコミュニケーションセッション2
 

 5.上記4.のの変化をもたらした要因
 

 6.以降、セッション(楽器による音出し)とその変化要因の解説を設定時間に応じ数回繰り返す。
 

 7.最終的に組織構成者(その回の受講者のメタファー)の自立が、組織(その回の受講者全体のメタファー)の自立を促すことは、ことばによらないノンバーバルコミュニケーションが有用であることを学ぶワークショップ(体験学習)型の講座。

ドラム講話「リズムでスマイル(^^)/」薩摩川内元気塾
・2013年5月13日(月)
・薩摩川内市立亀山小学校体育館にて

全国どこへでも出向いてまいります。まずはお問い合わせください。
メール:info@rizha.jp

電話:090-7440-5547

FAX:099-229-7159

南日本銀行吹上支店様開設80周年記念講演会
「私の生きる理念」
・2011年6月18日(土)
・日置市吹上中央公民館にて

リズムハート
代表:森田孝一郎

住所:〒890-0008 鹿児島市伊敷1丁目14-8

TEL 090-7440-5547

FAX 099-229-7159

メール info@rizha.jp